保湿クリームを3種類試してみました

店頭でもよく売られていて、値段も割とリーズナブルな保湿クリームを3種類試してみました。
最初は、肌ラボの極潤です。
保湿効果は、とても良い感じで、クリームも滑らかに塗ることができました。
またクリームを塗った後、かなりしっとりとするので、メイクの時に乳液の代わりとしても利用できました。
ただ私は、節約のため、ひとつの保湿クリームをフェイスケアとボディケアの両方で使いたいので、極潤のクリームをボディにも塗ってみました。
その結果、角質の硬くなっているような部分は良い感じでした。
しかし、かなり濡れたようなしっとりさがあるので、手に塗った時、すぐに布などに触ると、布に濡れたようなシミが付くので、そこは注意が必要です。

次に、なめらか本舗の豆乳イソフラボンのシリーズのクリームを使ってみました。
極潤のクリームよりは、滑らかさが少し物足りない気がしました。
私は、豆乳イソフラボンのシリーズの化粧水を長年愛用しているので、クリームも期待していましたが、評価としては普通といったところです。
特に悪いということはありませんでしたが、ここが他と違うという良いところも見つけられませんでした。
でも、化粧水のほうは、肌のキメが細かくなる感じがするので、まだまだ愛用するつもりです。

最後は、いちばん最近使い始めたピュアナチュラルの保湿クリームです。
この3種類の中で、価格もいちばんリーズナブルで、私のいちばんのお気に入りです。
このクリームは、パッケージにも大きく書いてありますが、美容液+クリームという、一つで二つの効果があるクリームです。
極潤のクリームほどではありませんが、感触も滑らかで、ほどよいしっとり感があります。
フェイスケアにもボディケアにも使えて、角質の硬くなっている部分では、3種類のクリームの中で、いちばん効果的でした。
ちなみに、同じシリーズの「化粧水+乳液」も購入してみましたが、肌にベタつきを感じたので、今はクリームのみを愛用しています。